ブルーアガベ

カサ・サン・マティアスは、自社で鉄分とその他のミネラルに富んだフリスコ高地の赤土の土壌で栽培し、収穫しています。当社のアガベは、優れた味に育てるために理想的な条件で栽培されています。


時折、我々は私たちの地域の小さなコミュニティのためのより良い収入向上に貢献するため、小さなアガベ農家をサポートしています。しかし、常に設備が最適な条件で成長することを監督します。

ジーマ

忍耐強く7~10年をかけて、アガベが完全に熟すのを待ちます。そして、アガベ農家(ヒマドール)は、根っこから収穫し、土を取り払い、葉を取り除いて、ピニャ(アガベの中心)を取り出します。



加熱

毎回完全にバッキングすることは私たちのプロセスの基本であるので、時間と温度は正確な精度とします。華氏194℃で48時間



ミル

加熱されたアガバは、ミルエリアに運ばれ、つぶして果汁と繊維に分離します。この果汁は、蒸留所の天然ミネラルウォーターと混合します。これにより、当社の製品独自の味を生み出し、そしてカサ・サン・マティアス独自の必需品となるのです。



発酵

アガバ果汁は、次に、発酵タンクに注がれ、72時間発酵させます。発酵プロセスのために、我々の製品にはそれぞれに対して酵母の選択しており、このように味と香りが豊富な独自のプロファイルを達成します。このほかに、私たちは、空気を通して自由に混合されている地域からの天然酵母を使用しています。



蒸留

発酵したアガバ果汁は、蒸留機に入れられ、2回の凝集を行います。これは、ゆっくりと非常に低温で行われます。



熟成

蒸留後、テキーラを当社の農場に移し、最高級のホワイトアメリカオークの樽で熟成させます。



瓶詰め

各ボトルは、情熱をもって作成され、細かく細工されています。当社のスタッフが最高基準に達するように、常に監督しています。