沿革


革命的なメキシコでは多くの偉大な社会的、技術的進歩が達成されました。。ドンデルフィーノゴンザレスは、テキーラを作るための彼の情熱を開発する絶好の機会として、この環境を発見しました。ドンデルフィーノが本物のテキーラの信憑性と価値を失うことなく、テキーラ業界に大きな進歩をもたらすことを導いたのはこの情熱でした。


私たちはこれまでの歴史で大きな課題を克服してきましたが、130年以上にわたってテキーラ業界で主導的な地位を維持してきました。ちょうど私たちの周りの世界のように、我々は1886以来、私たちのオリジナルの家庭のテキーラの信憑性を維持しながら進化し続けています。


カーササンマティアスは、1つの大きな家族のようなものです。すべての人は、長年蓄積された経験と貴重な背景を持つユニークな個人です。したがって、私たちの製品の一つを味わう時、工場製品ではなく、むしろ特別な歴史を持つ家族が作ったようなテキーラを味わうことになります。

当社製品!

さらに見る...

当社のプロセス


ブルーアガベ

カサ・サン・マティアスは、自社で鉄分とその他のミネラルに富んだフリスコ高地の赤土の土壌で栽培し、収穫しています。当社のアガベは、優れた味に育てるために理想的な条件で栽培されています。

ジーマ

忍耐強く7~10年をかけて、アガベが完全に熟すのを待ちます。そして、アガベ農家(ヒマドール)は、根っこから収穫し、土を取り払い、葉を取り除いて、ピニャ(アガベの中心)を取り出します。

加熱

毎回完全にバッキングすることは私たちのプロセスの基本であるので、時間と温度は正確な精度とします。華氏194℃で48時間.

ミル

加熱されたアガバは、ミルエリアに運ばれ、つぶして果汁と繊維に分離します。この果汁は、蒸留所の天然ミネラルウォーターと混合します。これにより、当社の製品独自の味を生み出し、そしてカサ・サン・マティアス独自の必需品となるのです。

発酵

アガバ果汁は、次に、発酵タンクに注がれ、72時間発酵させます。

蒸留

発酵したアガバ果汁は、蒸留機に入れられ、2回の凝集を行います。これは、ゆっくりと非常に低温で行われます。

熟成

蒸留後、テキーラを当社の農場に移し、最高級のホワイトアメリカおよびフレンチオークの樽で熟成させます。

瓶詰め

各ボトルは、情熱をもって作成され、細かく細工されています。当社のスタッフが最高基準に達するように、常に監督しています。

さらに見る...

当社の成果


2018年中国ワインおよびスピリッツ賞テキーラ・オブ・ザ・イヤー

2019年サンフランシスコ国際スピリッツ品評会銀賞

2017年アルテミット・スピリッツ・チャレンジ、94優れた強いおススメ

中国ワイン・スピリッツ賞2018年銀賞

2017年アルテミット・スピリッツ・チャレンジ高評価

金賞2個2018年中国ワインおよびスピリッツ賞

2019年サンフランシスコ国際スピリッツ品評会銀賞



130年の歴史